家庭用の脱毛機器って知っていますか?
電動シェーバーのように毛を抜いていくのとは違って、サロンのように光やレーザーを当てて脱毛していくので、実際に毛を抜いていく訳ではありません。

痛みも少なく、家庭で脱毛できる事と、VIOなど人に見せるのに抵抗がある人、サロンに脱毛へ行くのが面倒な人が使っているのです。

脱毛を始めるか悩んでいる人は気になる家庭用脱毛機器!自宅にあれば、好きな時にできて楽な気がしますが、効果があるのか、サロンへ行くほうがお得なのか…気になりますよね。

では家庭用脱毛機器での脱毛について説明していきましょう。

家庭用レーザー脱毛器

家庭用脱毛器で販売されているものは、全て光脱毛かと思ったのですが、レーザー脱毛ができるものも市販されています。
レーザー脱毛はクリニックでしか使用が認められていないので、疑問でしたが、家庭用に出力を弱く設定されていて知識がなくても安心して使えるようになっています。

照射する先端が小さいので、素人には全身を脱毛しよう思うとはなかなか難しいものがありますが、うまく操作さえできれば可能です。
部位によってパワーも変えられるので、痛みが心配なVIOは弱くしたりと対応できます。

出力が弱いといっても、レーザー脱毛と同様に、効果はあります。
クリニックのような即効性は難しいですが、回数を重ねると毛は細く少なくなっていきますが、永久的な効果は、家庭用の脱毛器には期待してはいけません。

家庭用光脱毛器

サロンで行われている光脱毛が自宅でできるのが家庭用の光脱毛器です。
サロンで使用するものよりも、誰が使用しても安全に使えるように出力は低く設定してあります。

光を照射する先端部分は大きめで比較的扱いやすく作られていて、脱毛する部位によって照射する光のレベルを調節できるので、全身使用することが可能です。
安全に作られているので効果の実感には少し時間がかかるかもしれませんが、使い続ければ家庭用でも十分満足できるはずです。
ただ、濃い毛(男性のヒゲ)には毛が太いので効果を感じられないこともあるかもしれません。

使用し続けないとまた毛が生えてきてしまう事もありますが、全く効果がない訳ではないので、自分のペースで脱毛したい方や、サロンでのVIOを恥ずかしいなと思っている方は愛用している方も多いです。

家庭用脱毛器のメリット・デメリットは?

〈メリット〉
・好きな時に使用できる
・恥ずかしくない
・ずっと使える

〈デメリット〉
・脱毛に時間がかかる
・照射漏れがあるかも
・面倒でやらない
・自分でできない部位がある(背中、襟足)

最大のメリットは自分の好きな時に使いたいだけ使える事ですね。その半面、面倒くさいなと思ってしまうとやらなくなってしまうことがデメリットになります。
自由に使えるのでどうしてもそうなってしまいますよね。

光脱毛の照射口は大きめなので、広範囲を脱毛する場合は操作が簡単ですが、脱毛に慣れていない素人が扱うので、照射漏れがおこったり、時間がかかってしまいます。
背中などは自分では手が届かないので誰かにやってもらわないと難しいですね。

ですが、VIOを他人に見せるのに抵抗があってやりたいのにやれない…という場合にはこの家庭用脱毛器をおすすめします。

家庭用脱毛器はどれだけ使えるの?

レーザーにしても光にしても、消耗品なので、使用頻度によって使用回数もかわってきます。あと何回使えますよ~と表示機能があったり、交換時期を教えてくれるランプが点滅したりと機種によって様々ですが使用者に分かりやすく表示されます。

全て使ってしまったらどうするのでしょう?
光脱毛器の場合は先端にカートリッジが付いています。このカートリッジを交換することによってまた継続して使用することができるようになります。

レーザーの場合は機械本体に内蔵された充電池を使用しているので、消耗してしまうと本体を交換ということになります。
無料で交換はできませんが本体価格の半額で新品と交換してもらえて、また継続して使えるようになります。

まとめ

家庭用の脱毛器は家庭で安全に使用できるように作られているので、クリニックやサロンで脱毛するよりも効果の出方が遅いですが、継続して使うことによって効果を実感できます。

レーザーや光脱毛と脱毛器の種類も多く、自分の用途に合ったものを選ぶことも可能です。
脱毛したいのに恥ずかしくて踏み出せない人にはおすすめです。

家庭で使用し続けるには、カートリッジを購入したり本体を交換したりとお金がかかりますが、商品を選ぶ時に何回使用可能なのか、どれだけ継続して使えるかを比較して選びましょう。

家庭用に安全に作られていますが、誤った使用法をすると危険な事もありますので、取扱説明書にしたがって使用して下さい。