毛を抜いて処理するのは手であっても電動であっても痛いですよね。
ですが、毛を抜くには毛を剃るのとは違ったメリットがあります。
抜いた数日はツルツルしていて肌がキレイになったように見えませんか?

数日旅行へ行く時や彼氏の家でお泊りする時などは、出先でムダ毛を処理したくないですもんね。とても分かります!

サロンで脱毛する時に、自宅で毛を抜いていないですか?
と聞かれた経験はないですか?どうして抜いたらいけないのでしょうか。カミソリよりも抜いたほうが、数日お手入れなしで過ごせて楽なのに…

自分で毛を抜くのはなぜよくないのかを説明していきましょう。

毛を抜く事で起こる肌のトラブル

・毛穴が開いて目立つ

毛根は毛先よりも太いので、毛を抜くと毛穴表面を広げてしまい目立つようになります。

・毛穴が赤く炎症を起こす

毛穴がダメージを受けて炎症を起こし、出血することもあります。

・埋没毛ができる

肌表面に出ることなく成長してしまう毛です。表面には出てきませんが肌の中で成長はしていくので、肌から黒く透けて見えます。
ひどくなると腫れて膿が溜まる事もあります。

・毛嚢炎

毛を抜いて毛根が傷ついた所に肌表面に常在しているブドウ球菌に感染することによって起こる皮膚の病気です。

・色素沈着

毛を抜いて刺激を与えるとメラニン色素が作られ、刺激を与え続ける事で色素が沈着してしまいます。

今説明した症状もみなさん経験された事がある方が多いのではないでしょうか。
毛を抜いた時はキレイになったとしても、毛が埋まってしまったり、赤く腫れてニキビのように腫れてしまっては意味がないですね。
毛を抜いて処理するのは問題がたくさんあり、とてもおすすめできるものではありません。

電動の毛抜きでの処理はどう?

毛抜きを使って毛を抜くのは、眉毛などの細かい部分には良いですが、足や腕の広範囲には難しいですよね。そんな広範囲にむいているのが電動の毛抜きです。
ローラーを肌に当てると回転しながら毛を巻き込んで抜いていくので範囲が広くても問題なく使うことができます。

では電動でのデメリットはなんでしょうか?

毛を一本抜くのにも痛みがありますよね?それが同時に何本も抜く事になるので、はっきり言って痛いです!
何本も同時に抜くのでそれぞれの毛の流れは全く関係なく抜かれてしまい、毛が途中で切れてしまったり、無理に引っ張るので肌トラブルも起きやすくなります。結果炎症が起きたり、毛穴が腫れ上がったりするのです。

電動の毛抜きを使用する前は、毛が抜けやすくなるように温かいタオルで毛穴を開いて肌を柔らかくしてから使用しましょう。

まとめ

毛を抜くという事は、一本ずつ毛抜きで抜いても電動で抜いてもトラブルが起きやすいですし、痛みもあって良いことはありません。

いざ脱毛しようと思っても、自己処理で抜いている場合は、毛周期が乱れます。
毛が生えている毛根部分に作用して脱毛するので、毛を抜いてしまうことで脱毛効果は失われてしまいます。

やはり、自己処理で毛を抜くことはメリットがなく、おすすめできません。