小学生の高学年にもなれば、肌を露出する季節になるとムダ毛を気にするようになったり、習い事によって露出がある服を着る時にムダ毛が気になったり、きっかけはいろいろだと思いますがだんだんと体毛を気にするようになります。

子供社会で問題になっているいじめですが、毛深い事もいじめのきっかけになっています。
少し毛深いだけで、みんなからせめられると女の子は悲しくなってしまいますよね。

そこで、今は小学生や中学生など若い女の子も脱毛に通うようになったのです。親は子供が悩んでいることが解決してあげられる事であれば、ぜひやってあげたいですよね。

だけど子供が脱毛って早くない?脱毛までやるのはやり過ぎなんじゃない?と思う方も多いと思いますので、こちらで子供のムダ毛の処理や脱毛事情を詳しく説明していきたいと思います。

子供の脱毛効果はあるのか?

子供でも脱毛によって効果はあらわれます。
子供とひとくくりにしても年齢にバラつきがあるのですが、ホルモンバランスの関係や皮膚の厚さがまだまだ薄いので、ずっと生えなくするというよりは、自己処理の回数を減らしていく、簡単にしていくために脱毛する感じです。

16歳をすぎると皮膚もホルモンのバランスも整ってきます。それまではやはり、第二次性徴もありますので脱毛しても新たに太い毛が生えてくることがあります。

子供に脱毛って大丈夫?

子供の皮膚はとてもデリケートなため、どこのサロンでも脱毛をしてもらえる訳ではありません。
低年齢から可能な場所は、使用する機械も子供でも使える痛みのほぼ無い優しいものが導入されていたり、考えられています。

成長期の体にはいろいろな変化があります。体毛の変化でいうと、女の子は月経が始まると今まで毛深かったのに薄くなることもありますし、その逆もあります。
それも関係して、サロンによっては月経を経験したかどうかや、月経の回数で施術できるかどうかを決めるところもあります。

サロンでは子供も施術可能!っとなっていて、実際脱毛をやる子供も増えています。トラブルの情報もあまり聞かないので大丈夫と言い切りたい所ですが、大人同様に火傷や色素沈着のトラブルもなきにしもあらずだということは承知しておいてほしいです。

親子で脱毛!!

子供と一緒に脱毛をすると親子割が適用されたり特典があったりと考えられています。
子供に脱毛をさせる事を悩んでいる場合には一度サロンで無料のカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

子供がどう思っているのかカウンセリングから悩みをより理解できるかもしれません。脱毛に躊躇していた問題を直接サロンスタッフに伝えることで解決するかもしれません。

女同士で通うことで秘密を共有する感覚で、より一層親子の絆が強くなったり、子供のコンプレックスが解消され明るくなるかもしれません。
もし迷っているのであれば気軽に体験へ行ってみるのも良いのではないでしょうか。

子供のムダ毛処理

ではみんなはどう処理をしているのでしょう?
例えばスイミングやバレエ等習い事で常に肌が露出するような服を着る場合にはかなりの頻度で自己処理が必要になります。そうした場合には脱毛を選ぶ方は少なくないようです。

普段の学校生活で気になっている子は脱色をする子が多く、剃るのは小学生ですとカミソリを使わせる事に抵抗があるのと、一度剃ってしまうとジョリジョリしますし毛穴が目立ってしまうので親は使うことを反対します。

その他の処理方法は、脱毛クリームや家庭用の脱毛器を使ってする方もいます。