ムダ毛の処理は剃るのが簡単で確実ですが、それ以外にもブラジリアンワックスや除毛クリームを使っての方法もあります。

ブラジリアンワックスってご存知ですか?ワックスを使っての脱毛だと思っている方が多いようですが、本来はアンダーヘアーの脱毛法の一つです。

最近ではアンダーヘアーだけでなく他の部位にも使用されているのでよくその名前を耳にするようになってきましたが、ブラジリアンワックスってどんなものなのでしょうか?アンダーヘアー限定なんて不思議な感じですが何か意味があるのでしょうか。

では、除毛クリームはどうでしょう。塗って毛がなくなるのであれば簡単にお手入れできるように思うのですが、実際はどうなのでしょうか。
それぞれ詳しくみていきましょう。

ブラジリアンワックスとは…

ブラジリアンワックスは、ワックスを毛に絡ませてその上にシートを貼って一気に全てを剥がすと、毛も角質も全てキレイに抜け落ちててツルツルになる脱毛です。

このブラジリアンワックス脱毛は、海外では一般的に行われている脱毛法で、日本ではまだまだ定着していないVIOゾーンのお手入れも、海外では当たり前にされています。

日本へこのブラジリアンワックスが来たのも、海外ドラマがきっかけだったという説もあります。
ドラマの中でVIOの処理をしていない友人女性に対して、かなりの驚きと、どんな状況でもアンダーヘアーのお手入れだけはおろそかにしない!という発言は日本人にとっては衝撃だったのではないでしょうか。

ブラジルのリオのカーニバルでは、Tバックや細いビキニを履いたりと、とても際どい衣装を身に着けなければいけない時に、このワックス脱毛を行うという事から、ブラジリアンワックスと名付けられたとも言われています。

ブラジリアンワックスで使用するワックスの種類

ワックスには種類がありその性質によって使い分けがされています。

◎ソフトワックス

 

・水性ワックス

水性なので水で洗い流すことができて、原料がお砂糖なので肌にも優しく安全です。

 

・油性ワックス

主成分がロジンという松やにが使用されているので、アレルギーをお持ちの方は使用できません。
施術面が広い体や腕、足などに使用されます。水性よりも粘着力もあり強力なのでお肌への負担も大きいです。

◎ハードワックス(油性)

温めて溶かすことで柔らかくなりますが、元は固形です。粘着力は強めなので、VIOや鼻毛を脱毛する時などに使用されることが多いです。
ワックスを溶かす時に高温になるので、やけどしないように注意が必要です。

サロンでワックス脱毛される場合は施術者が部位や状態によってワックスを使い分けてくれるので問題ありませんが、自宅でワックスを使用する場合は、脱毛箇所や初心者でも使用できるのか用途によって選ぶ必要があるので注意しましょう。

ブラジリアンワックスのメリット・デメリット

〈メリット〉
・キレイに仕上がる
・自己処理の回数が少ない
・処理時間が早い

〈デメリット〉
・痛い
・効果は一時的
・継続しての施術が必要
・皮膚トラブルを起こしやすい

毛根から抜き去ってしまうので仕上がりはキレイですが、毛が生えないようにするわけではないのでまた生えてきます。
カミソリのように自己処理の回数は頻繁ではないですが、継続してワックス脱毛をしていかないといけない事がデメリットとなります。

また、毛を抜くので施術後は毛穴が広がっていて、雑菌の感染の心配があったり、皮膚トラブルを起こしやすくなりますので注意しましょう。

ブラジリアンワックスの痛みは?キレイになるのか?

一気にまとめて抜くので痛いです!何度もやるうちに痛みが軽減しますと書いてありますが、やはり痛いです。体験での口コミで目立つのが、「全然痛くない」「思ったより痛くない」という声ですが、実際のところ毛が太く毛根もしっかりしている場所なので、痛みはかなり強く感じます。

口コミの中では「痛みで震えた」「やっぱり相当痛い」という声もあるので、痛みの感じ方には個人差があるように、痛みに弱い方は相当な覚悟がいるはずです。

ワックスは細かい毛も太い毛も一緒に、毛根から抜くのでキレイになります。
ブラジリアンワックスを施術後すぐにツルツルになるので、即効性もありますが永久的な効果はなく、また生えてくるので継続してお手入れをしなければいけません。

ブラジリアンワックスはどこでやるのでしょうか?

最近では自分でブラジリアンワックス脱毛をできるように、ワックスがたくさん市販されています。
ワックスを塗ってそれを剥がすだけなので、やり方としてはとても簡単ですが、毛の生えている方向に逆らって剥がさないとキレイに抜けないので、少しコツが必要です。

足や腕のように毛の向きが一定の方向を抜いているような所は自分で処理するのも簡単ですが、アンダーヘアーのように方向にもバラつきがあり自分では見えにくい場所は難しくなってきます。

ブラジリアンワックスで大切なのが、ワックスを一気に剥がすことです!
自分で行うと痛みがあるのでためらってしまったり、ゆっくり剥がしてしまったり…
すると、勢いよく剥がすよりも痛みが増したり、キレイに毛が抜けないということも起こります。

サロンではそのような心配はなく施術できるのは安心です。
アンダーヘアーの脱毛はツルツルに毛が一本もない状態にもできますし、自分の好きな形に少し残す事もできます。
皮膚トラブルも起こしやすいブラジリアンワックス脱毛なので、自分でやる前に一度サロンで体験してみるのも良いのではないでしょうか。

除毛クリーム

ムダ毛を剃るのでも抜くのでもなく、溶かしてなくすのが除毛という方法です。
脱毛クリームと呼ばれる事もありますが、正確には脱毛効果はなく除毛効果のあるクリームということになります。

クリームでなぜ毛が溶けるのか?疑問ですよね。

毛のタンパク質に、除毛クリームのアルカリ性が作用することで溶けるのです。
ですが、毛と同様に、皮膚や爪もタンパク質でできているので、肌への負担はあります。

この除毛クリームの使用法は

①塗る
②待つ
③クリームを落とす
④洗う

という簡単な手順です。
クリームの塗り方や落とし方に特別なコツがある訳でもないので、ムダ毛を処理するには一番簡単な方法と言ってもいいかもしれません。

除毛クリームで注意すること!

除毛クリームはクリームを塗れば毛を溶かすことができるので、とても簡単なのですが、使用するうえで注意しなければいけない事があります。

・使用前にはパッチテストをしましょう

肌に直接塗って使用するものですし、毛を溶かしてしまう程強い作用のある薬を使うので、敏感肌の方は特に注意が必要です。
使用前には必ずパッチテストを行って、自分の肌に使っても大丈夫なのかを確認してから使いましょう。

・使用部位が決まっている

使える部位がきまっています。皮膚が薄い顔には使用できないものがほとんどです。

・頻回に使用しない

毛を溶かしているという事は、タンパク質でできている肌の表面もすこし溶かしているということです。頻回に使用するとより肌を傷つけて、皮膚トラブルを起こすことにつながります。

方法は簡単ですが、注意点も多く気をつけて使わないと肌が荒れてしまいそうです。
毛を抜いている訳ではないので、数日すれば生えてきますが、頻回の使用はおすすめできません。肌への負担を考えると、月に1回・多くて2回くらいではないでしょうか。

刺激の強いものなので、取扱説明書をよく読み指示に従って使用しましょう!